女の子

プリン研究所が、日本一高級な抹茶プリン『おこい』『おうす』を裏千家師範・小早川 宗護氏監修のもとで、リニューアルして、10月から販売開始しました。


20141014-1.jpg

裏千家師範・小早川 宗護氏に試食をしてもらったところ「茶の味を全く引き出せていない」と一蹴されました。
そこで、茶人も認める抹茶プリンを作ろうと、裏千家師範・小早川 宗護氏の監修でリニューアルすることを決意されたそうです。


なお、リニューアル後も抹茶は変更しないで、寺川大福園の高級抹茶を使用されています。
寺川大福園は、宮内庁に認められた証である天皇杯をはじめ、さまざまな賞を受賞している京都・宇治の老舗茶園です。
『おこい』は30gで約1万円の超高級抹茶「千代の昔(ちよのむかし)」を、『おうす』は「初昔(はつむかし)」を使用しています。


20141014-2.jpg


また、茶の甘みを最大限に引き出すため、幾度の試行で抹茶に適した最適な温度を見つけ、千利休も愛したと言われる全国名水百選『離宮の水』を使っています。さらに、ほどよい食感とコクを与えるカカオバター、やさしい自然な甘みを演出する和三盆糖も使用しています。


嬉しいことに、付属の抹茶パウダーは、無料になりました。
この抹茶パウダーをかけることでより一層、抹茶本来の甘みを感じることができるそうです。


販売価格は、抹茶プリン『おこい』は5,400円、抹茶プリン『おうす』は3,240円です。
プリン研究所オンラインショップの抹茶プリン特設ページから購入できます。
http://shop.puddinglaboratory.jp/shopbrand/matcha/

←前へ
次へ→